• ホーム
  • 40代の女性が悩む薄毛や抜け毛

40代の女性が悩む薄毛や抜け毛

2019年12月16日

FAGAとは女性型脱毛症のことで、男性のAGAとは違い、生え際のラインは変わらずに加齢に伴って頭部全体の薄毛になる症状のことです。妊娠や出産の際を除いて、20代に症状が見られることはまれで、40歳前後以降に髪の毛の密度が減少し始めることが多いです。初期症状は抜け毛が増えたり分け目が前よりも広がってきます。症状が進行していってしまうと、頭の広い部分が均等に薄毛になり、とくに頭頂部が透けて見えるようになります。成長することを休んでしまう休止期の割合が多くなって、その結果抜け毛が増えて脱毛へと進んでしまうのです。AGAと異なり、前頭部の後退はなく、頭皮全体の怪我抜け落ちているので脱毛部の境界ははっきりとしません。

原因としては女性ホルモンの減少により、体の中のホルモンバランスが崩れることがあげられます。女性ホルモンには毛根細胞の発毛促進シグナルを増やす作用があります。女性ホルモンが減少すると、発毛促進シグナルも減ってしまいます。卵巣から女性ホルモンが分泌されているのですが、同時に副腎からは男性ホルモンも分泌しています。40代前後になると、女性ホルモンの分泌量が徐々に減っていくので、男性ホルモンとのバランスが崩れ始めて髪の毛が薄くなってきます。以前は女性でもAGAと呼んでいましたが、男性のようにハゲてしまうことはなく、薄毛の状態は保たれることから、男性の症状とは区別して女性型脱毛症(FAGA)と呼ばれるようになりました。

そのほかの原因としては老化も関係しています。細胞じたいが老化し、動脈硬化による循環器の不全により、次第に毛包が消失してしまいます。60歳を超えると誰にでもこのような脱毛症状が見られるようになります。ストレスも大きく関わっていて、最近は社会的に活躍している人が増えてきており、精神的ストレスを受ける機会が多くなってきています。育児や離婚などがきっかけになって発症する人もいます。

極端なダイエットを行うと、栄養失調状態になり、髪の毛にも栄養が届かなくなります。髪の毛が栄養失調状態になると、成長期の毛であってもその状態を維持するのが難しくなり、休止期が増えて脱毛が起きてしまいます。生活習慣として飲酒や喫煙などを行っている場合、血液循環が悪くなるので髪の毛にも悪影響が出てきます。体の冷えも悪影響を与えてしまいます。体の冷えは血流を悪くしてしまうからです。

AGAの場合はフィナステリド等の医薬品が有効ですが、女性はAGAの医薬品を服用することが出来ないので服用してはいけません。今まであげたFAGAの原因のように生活環境やホルモンバランス等によるところが多いので、生活環境を改めホルモンバランスや自律神経を整えて、適正な発毛剤を使用することをおすすめします。

薄毛は頭皮の悪化からなることが多いので、頭皮の悪化は顔の皮膚の悪化にも直結します。頭皮が老化していると顔のたるみや、目尻や頬が下がってあごにもたるみが出やすくなります。薄毛というだけで男性と同じ発毛剤を使ったり、旦那さんの医薬品を一緒に飲んだりといったことで、悪化するケースが多いです。男性とは薄毛の原因が異なることを理解して、適切な処置をしてあげる必要があります。

シャンプーにも注意が必要です。髪の毛が男性よりも長い人が多いので、シャンプーひとつにしてもしっかりと頭皮を指の腹でマッサージするように洗い、泡が頭皮や髪の毛に残らないようにぬるま湯でしっかりとすすぐようにしましょう。薄毛が期になる場合、薄毛用のシャンプーを使用することもおすすめです。その場合、男性用の薄毛対策シャンプーでは意味がないので注意しましょう。

関連記事
頭皮マッサージをすることで薄毛を予防することができる?

頭皮が固いと薄毛の原因となってしまいます。固くなってしまう主な原因としてあげられるのは、年齢もありますが、血行が悪化して首や肩のコリが発生、過度なシャンプーによる頭皮の肌荒れ、中性脂肪が増えて血流の悪化する食生活、血管が収縮してしまうほどのストレス等となります。首や肩の血行が悪くなると頭皮の血行も悪

2020年02月29日
頭皮のかゆみは炎症が原因で起こります!

頭皮には毛穴が密集しているので、皮脂が盛んに分泌されています。皮脂じたいは適量であれば頭皮を守ってくれるものの、多すぎてしまうと最近が繁殖してかゆみが引き起こることがあります。逆に皮脂が少なすぎても乾燥のため、頭皮の防御機能が低下するためかゆみが起こりやすくなります。日常生活から起こる原因として考え

2020年01月25日
フィナステリドを成分としたジェネリックは安いのでAGA治療にはおすすめ

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、販売することの出来る、新薬と同じ有効成分で同じ効き目のある価格の安い薬のことを言います。特許は15年から20年程度で切れます。ジェネリックは日本語だと一般的なという意味です。新薬(先発医薬品)よりも値段は安いのですが、効能や安

2019年08月09日
脂漏性皮膚炎ケトコナゾール配合のシャンプーで治療しよう

ケトコナゾールが主成分のニゾラールクリームとは水虫(白癬)、皮膚カンジダ症治療などに使用される真菌症治療剤になります。病原体の真菌(カビ)を殺菌して、かゆみや水ぶくれなどの皮膚の症状を改善することの出来る薬です。ケトコナゾールの塗布を続けると、足や手や爪周辺だけに係らず、頭皮や股などの様々な部位に生

2019年09月18日
薄毛にならなにためにも食生活から改善

抜け毛が増えて髪の毛が薄くなってしまう薄毛の原因のひとつが、頭皮の環境の悪化があります。頭皮がベタついたり乾燥しすぎているような頭皮の状態では髪の毛は健康になりにくいのです。頭皮環境が悪くなる原因のひとつには腸内環境の悪化が関係しています。腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると、髪の毛に欠かせない

2019年11月21日
薄毛の原因をきちんと知っておきましょう

薄毛の原因は様々で遺伝等などの個人差もあります。また原因はひとつではなく複合の場合もあるので注意が必要です。頭皮がベタ付く脂漏性皮膚炎などの病気も原因のひとつです。AGAと脂漏性皮膚炎が併発していることも少なくないので、早めの治療が大切になってきます。男性型脱毛症であるAGAには遺伝の他には男性ホル

2019年10月23日
発毛効果が実感できるのはミノキシジルです!

脱毛症はヘアサイクルが乱れて、成長期の髪の毛が抜けて、髪の毛の根っこにある毛包がどんどん小さくなり、髪の毛が生えなくなってしまいます。ミノキシジルはヘアサイクルの乱れによって小さくなってしまった毛包に働きかけて成長を促すことによって、細くなってしまった髪の毛を太い毛へと成長させる手伝いをしてくれます

2019年10月08日
プロペシアを服用して初期脱毛が出たら効果が出ている証

プロペシアは男性の頭頂部や前頭部の進行性の薄毛の症状のAGA(男性型脱毛症)の治療薬ですが、抜け毛を防ぐ効果によって進行を遅らせることが可能な薬です。この効果は医学的な臨床試験はもちろんのこと、実際の治療過程でも実証されていて、日本を含む世界60カ国以上のAGA治療で利用されている薬です。プロペシア

2019年08月29日
AGAならフィナステリド配合の治療薬を使ってみる

AGA(男性型脱毛症)は、思春期以降に額の生え際や頭頂部のどちらか一方、または両方が薄くなって徐々に進行していく状態です。髪の毛が細くなって産毛のような毛が多くなり、抜け毛が進行して頭皮が透けて見えてきてしまいます。男性型脱毛症という名前のとおり、男性限定の症状になります。女性の薄毛はFAGAという

2019年07月25日